就労資格証明書交付申請の時期について教えてください。

※Yahoo知恵袋で掲載されている在留資格に関する質問について入国管理局取次行政書士の上原尚子が解説・ご回答させていただいております。

就労資格証明書について、少し聞きたいです。

転職前の会社で従事した職種と変わらず、転職時期が在留期限に切迫していない場合。

転職前じゃなくて、転職後二ヶ月(試用期間なし)という時に申請することが出来ますか?


あなた様はすでに転職をなさっていて、就労資格証明書の交付を受けたいとのことでしたね。

現在、就労の在留資格(ビザ)の期限が切迫していないとのこと。

今、有している在留資格(ビザ)が、確かに転職先での業務についても同様に就労することができるという証明になる就労資格証明書を取得しておいた方が、後の就労ビザ更新の時にとても有利に働きますので、ぜひ交付申請を行ってください。

就労資格証明書の交付申請を行う時期についてですが、本来の趣旨では、あなた様の現在持っている在留資格(ビザ)が、今後の転職先での業務内容に適合しているかどうかの審査を仰ぐものですので、転職前に予め行うのが本来の姿ですが、実際のところは転職後に就労資格証明書交付申請を行うケースが多いようです。

就労資格証明書では、転職前の会社が発行した源泉徴収票・退職証明書のほか、転職先の業務内容がわかるパンフレット等、案内書、登記事項証明書(履歴事項全部証明書)、直近期の決算書、あなた様との雇用契約書・採用通知書、あなた様ご本人が書かれた転職にかかる理由書などを申請の際に準備して提出します。

ご参考のひとつとなりましたらとても幸いです。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。

ビザパートナー概要

 行政書士:大谷 寛

 所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町1丁目5番15号
 BUREX平河町601

 専用電話番号:050-5309-1463

 Eメール:info @ work-visa.jp

 営業時間:メールは24時間受付中、土日祝日休


外国人の皆様の就労ビザ、在留資格の申請ならビザパートナーにお任せ下さい!


サブコンテンツ

就労資格証明書交付申請の時期について教えてください。