在留資格認定証明書に有効期限はあるのでしょうか?

在留資格認定証明書に有効期限はあるのでしょうか?

在留資格認定証明書は、査証の発給後に日本総領事館等から本人に返却されます。在留資格認定証明書の有効期間は発行日から3ヶ月ですので、発給後3ケ月以内に来日しなければ無効になります。

使い方は、来日したときに例えば飛行機の場合は空港での入国審査のときに入国カウンターで在留資格認定証明書を提示します。また、在留資格認定証明書は査証といっしょに入国審査のときに提示するものです。

入国審査で問題がなければそのときに入国審査をした職員が回収します。入国審査で入国が認められたら在留資格認定証明書はその外国人の手元からなくなります。

在留資格認定証明書はその交付を受けた外国人は、活動の真実性や在留資格に該当していることや日本への上陸許可基準を満たしていることを証明できる書類ですので今後の日本での活動の参考などのためにコピーをして控えを持っていることも良いかもしれません。

注意事項として、在留資格認定証明書は上陸のための1つの条件ですので、他の条件が欠けていると上陸することができませんので注意して下さい。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

在留資格認定証明書に有効期限はあるのでしょうか?