家族滞在ビザとは何ですか?

家族滞在ビザとは何ですか?


家族滞在ビザとは、在留資格(ビザ)のうち、「教授」、「芸術」、「宗教」、「報道」、「投資経営」、「法律・会計」、「医療」、「研究」、「教育」、「技術」「人文知識・国際業務」「企業内転勤」、「興行」、「技能」、「文化活動」、「留学」の在留資格(ビザ)で活動する外国人の方の扶養を受ける配偶者(夫や妻)または子供が、日本で上にある在留資格(ビザ)を持つ方とともに生活するために必要な在留資格(ビザ)です。

ここでいる「扶養を受ける」とは、原則として夫婦が同居していて経済的に相手に依存しており、子供は監護し養育を受けている状態です。子供は一般には未成年者ですが、20歳以上の子供でも親の扶養を受けていれば「家族滞在」に含むことができます。

ただし、配偶者や子供が就職をして一定以上の収入を得る場合には、その方について「家族滞在」から他の就労ビザへの変更申請を行う必要があります。

ところで、「家族滞在」の在留資格(ビザ)でいうところの配偶者とは現在法律上結婚していることを要し、内縁の妻、または内縁の夫、婚約者などの場合は「家族滞在」には当てはまりませんのでご注意下さい。

また、最近は「留学」の在留資格(ビザ)で活動する外国人の方の「家族滞在」申請が増加傾向にあります。「留学」は、「資格外活動許可」を得たアルバイトを除き就労することはできませんので、経済的な安定という面から許可のハードルが上がりますので申請の際には十分な立証資料が必要です。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

家族滞在ビザとは何ですか?