転職者の採用について教えて下さい。

転職者の採用について教えて下さい。


現在A社で在留資格(ビザ)の「技術」を保有してエンジニアとして勤務しているB氏が、今度C社に転職することになり、職種はA社で勤務していたのと同じようなエンジニアとして勤務する場合であれば、ビザに関して特に手続きを行なう必要はありません。

もし、C社で職務内容が技術の在留資格(ビザ)に属するのかどうか確認したい場合には、入国管理局にて就労資格証明書の交付申請を行なうことができます。

審査の結果、C社での職務内容が技術の在留資格(ビザ)に該当し、入国管理法上の要件にも適合するときは、就労資格証明書が交付されます。

B氏がC社に勤務している途中で在留期限を迎え、引き続きC社での勤務を希望するときは、在留期間更新許可を受けなければなりませんが、その手続きの際にこの就労資格証明書を提出すると、更新許可申請がスムーズになります。

上記の内容は、在留資格(ビザ)が転職しても同種であると思われる場合です。

次の事例は、在留資格(ビザ)の種類を変更する必要のあるものです。

現在、D氏は英会話スクールで英会話講師をしているとします。

この場合の在留資格(ビザ)は、「人文知識・国際業務」ですが、高校に勤務することになる場合には、「人文知識・国際業務」から、「教育」の在留資格(ビザ)へ変更の許可を受けなければなりません。

申請手続きは、入国管理局にて在留資格変更許可申請を行います。

転職先の職務内容が「教育」の在留資格(ビザ)に該当し、入国管理法上の要件にも適合する場合は、「教育」の在留資格(ビザ)に変更されます。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

転職者の採用について教えて下さい。