成人している息子は家族滞在ビザを取得できますか?

成人している息子は家族滞在ビザを取得できますか?


家族滞在ビザの要件は、就労ビザ(教授、芸術、宗教、報道、投資経営、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術人文知識・国際業務企業内転勤、興行、技能、文化活動)や留学の在留資格(ビザ)で在留する方の扶養を受けて在留することです。

具体的にいうと、上記のいずれかの在留資格(ビザ)を有している方の配偶者や息子様のことです。

したがって、成人していても、扶養を受けている息子様であれば、家族滞在ビザを取得することができます。

例えば、息子様が成人に達していて大学院生であれば、家族滞在ビザを取得することは可能です。

また、家族滞在ビザは、扶養を受けているということが要件なので、配偶者も息子様も、一定以上の収入を得るようになると、扶養を受けることなく生活できるということになるので、家族滞在ビザではなく別のビザを取得する必要があります。

日本で、冒頭に掲げた就労ビザを有している方が、自分の配偶者や息子様と一緒に日本に来たり、後から呼び寄せる場合、管轄の入国管理局に対して「在留資格認定証明書交付申請」の手続きをして許可を受けることができれば、在留資格(ビザ)の「家族滞在」を取得することができます。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

成人している息子は家族滞在ビザを取得できますか?