新規のビザ(在留資格認定証明書)を取得して使用しなかった場合、次回申請時に不利になりますか?

新規のビザ(在留資格認定証明書)を取得して使用しなかった場合、次回申請時に不利になりますか?


海外から外国人を呼び寄せるためのビザを申請して許可された場合、「在留資格認定証明書」という書類が発行されます。

在留資格認定証明書とは、日本に入国しようとする外国人の方が日本で行おうとする活動について、それが虚偽のものでなく、かつ、入国管理法で定められた在留資格(ビザ)のいずれかに該当する活動であることを法務大臣があらかじめ証明した文書のことです。

在留資格認定証明書があれば、在外公館(日本大使館・領事館等)で査証申請を行うときに母国で査証を取る時にスムーズに手続きできます。

この書類の有効期限は、3ヶ月となっています。つまり、書類が発行されてから3ヶ月以内に日本に入国しない場合、在留資格認定証明書が無効となってしまいますので注意して下さい。

諸般の事情によりビザ申請時と状況が変わってしまった場合、改めてビザの申請をすることになりますが、その時に在留資格認定証明書を添付して申請すると、審査がスムーズになります。

以前に一度許可が出ているため、大きく状況が変わっていなければ、次回も許可される可能性が非常に高いです。

次回、申請する場合に有利になりますので、入管に使用しない旨を伝えて在留資格認定証明書を返還しましょう。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

新規のビザ(在留資格認定証明書)を取得して使用しなかった場合、次回申請時に不利になりますか?