文系学部出身の外国人をシステムエンジニアとして採用することはできますか?

文系学部出身の外国人をシステムエンジニアとして採用することはできますか?


結論から申し上げますと、「可能」です。

ただし、申請に際しましては申請人さまご本人が持つSEとしての能力と、貴社での業務内容・貴社の実績などの説明を詳細に行う必要があり、ハードルが高いので注意が必要です。

原則として、就労ビザは大学等での専攻科目と就業先の業務内容との関係性がとても重視されているため、文系学部出身の方ですと、「人文知識・国際業務」の在留資格(ビザ)が該当すると考えられます。

しかしながら、申請人さまがシステムエンジニアにかかわる資格を取得しており、過去に外国の企業などでSEとして業務に従事した実務経験がある、または大学等で専攻した内容(例えば貿易や海外取引など)と密接に関係したシステム開発を行う、などSE職でありながら文系学部専攻の知識が不可欠である場合などは、SEとして「技術」ビザが許可される場合があります。

入管への申請に際しましては、貴社の実績・業績や事業計画、ご本人の大学等での専攻内容のほかSEとしての客観的な実力などを丁寧に説明していく必要があるでしょう。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

文系学部出身の外国人をシステムエンジニアとして採用することはできますか?