就職が内定していましたが、就労ビザへの変更申請が不許可になりました。もう卒業しており、留学ビザの期限も少ない状況です。日本で就職したいのですが、ビザの期限内に採用される可能性は皆無です。どうすればいいですか?

就職が内定していましたが、就労ビザへの変更申請が不許可になりました。もう卒業しており、留学ビザの期限も少ない状況です。日本で就職したいのですが、ビザの期限内に採用される可能性は皆無です。どうすればいいですか?


大学・専門学校を卒業後に継続して就職活動をする場合には、特定活動ビザへの変更が必要となります。

「留学ビザ」で在留した大学(短期大学及び大学院を含む。)を卒業し、または専修学校専門課程において、専門士の称号を取得し、かつ、卒業前から引き続き就職活動を行うことを目的で日本に在留を希望する外国人のうち、専攻した課程における修得内容が「技術」又は「人文知識・国際業務」等、就労することができるビザに該当する活動と関連があると認められる卒業生は「特定活動ビザ」に変更が認められます。

変更する際に必要な書類としては、(ア)在留資格変更許可申請書、(イ)パスポート及び外国人登録証明書、(ウ)申請人の在留中の一切の経費の支弁能力を証する文書が必要になります。

(ウ)については、申請する外国人以外の人が経費支弁をする場合には、その人の支弁能力を証する文書及びその者が支弁するに至った経緯を明らかにする文書を提出しなければなりません。

また、大学生の場合は、直前まで在籍していた大学の卒業証書又は卒業証明書や、直前まで在籍していた大学による継続就職活動についての推薦状や、継続就職活動を行っていることを明らかにする資料も準備する必要があります。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

就職が内定していましたが、就労ビザへの変更申請が不許可になりました。もう卒業しており、留学ビザの期限も少ない状況です。日本で就職したいのですが、ビザの期限内に採用される可能性は皆無です。どうすればいいですか?