アジアの留学生の採用を決めたので、「就労ビザ」への変更を申請しました。これで大丈夫ですか?

アジアの留学生の採用を決めたので、「就労ビザ」への変更を申請しました。これで大丈夫ですか?


「就労ビザ」への変更を申請したからといって、在留資格(ビザ)の変更が自動的に許可になるわけではありません。

また、企業が留学生の採用を決めたとしても、その事実だけで留学ビザから就労ビザへ変更できるものでもありません。

留学ビザから就労ビザへ変更が認められないと、日本で就職したいと思っている留学生も本国へ帰国せざるを得なくなってしまいますし、雇用を決めた企業も採用して就労させることができなくなります。

この事態に陥ると双方ともに不利益が生じます。

就労資格変更の申請をして許可を得るためには、大学などで学んだ知識や経験を活かせる内容の職種で採用したかどうかということが、ビザ変更が認められるか否かのポイントになります。

「学歴、大学等での専攻、研究内容等から見て、十分な技術、知識を有しているかどうか」「従事する職務内容が、本人の有する技術・知識を活かせるかどうか」「活かす機会が実際に存在しているかどうか」「報酬、労働条件が適当であり、安定的、継続的雇用が見込めるかどうか」の基準を満たしていることを慎重に確認した上で、申請して許可を受けられるようにする必要があります。

外国人留学生だけではなく、雇用をすることを決めた企業の両方の側面が審査されることになるので、十分な許可要件と周到な書類等の準備が必要になります。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

アジアの留学生の採用を決めたので、「就労ビザ」への変更を申請しました。これで大丈夫ですか?