中国人の観光客増加に対応するため中国人を雇用したいのですが可能ですか?

中国人の観光客増加に対応するため中国人を雇用したいのですが可能ですか?


中国人客が多数訪れる地域の電気製品量販店の場合では、外国人客に外国語で製品の説明をしたり、商品説明書を翻訳したり、通常の販売(日本人に対する販売)ではなく、外国語を使うということで通訳するという専門性があると判断されます。

このように専門性が必要な場合には、在留資格(ビザ)の「人文知識・国際業務」を取得できる可能性があるので、雇用することが可能です。

また、同じく中国人客が多数訪れる地域のレストランの場合では、メニューの説明など、日常的に通訳の必要性が高い店舗に勤務する場合、「人文知識・国際業務」のビザを取得できる可能性があるので、雇用することが可能です。

その反対に、中国人客の人数も多くない地域にある電気製品量販店の場合では、外国語を使うという専門性がないと判断されます。

したがって、在留資格(ビザ)の「人文知識・国際業務」を取得できる可能性がないので、雇用することはできません。

また、中国人客の人数も多くない地域にあるレストランの場合でも、通訳などの専門性が無いと判断されます。

この場合は単なる接客業務と判断されるので、「人文知識・国際業務」を取得できる可能性がないので、雇用することはできません。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

中国人の観光客増加に対応するため中国人を雇用したいのですが可能ですか?