パスポートには在留資格短期滞在とありますが、本人は「就労ビザがある」と言っています。雇用しても問題ありませんか?

パスポートには在留資格短期滞在とありますが、本人は「就労ビザがある」と言っています。雇用しても問題ありませんか?


短期滞在ビザとは、外国人が観光などで一時的に日本入国を希望する場合に必要となるビザです。

出入国管理及び難民認定法には、「本邦に短期間滞在して行う観光、保養、スポーツ、親族訪問、見学、講習又は会合への参加、業務連絡その他これらに類似する活動」と規定されています。

短期滞在ビザは、あくまでも日本入国を認めることにあるため、入国後に労働して対価を得ることや収益を伴う活動は行うことができません。

また、短期滞在の場合は、特別な事情がない限り資格外活動が与えられることはありません。

資格外活動許可の手続きを行わないまま、現に有する在留資格(ビザ)で認められた活動以外の活動を行った場合には、不法就労に該当してしまい、退去強制の対象となります。

また、働くことが認められていない外国人を事業活動で雇って働かせたりさせた者は、不法就労者を雇用したという理由で、不法就労助長罪に問われ3年以下の懲役、または、300万円以下の罰金刑に処せられることになります。

外国人を雇用する場合には、外国人本人が、就労できる在留資格(ビザ)を持っているかどうかを十分に確認してから採用するようにして下さい。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

パスポートには在留資格短期滞在とありますが、本人は「就労ビザがある」と言っています。雇用しても問題ありませんか?