海外で在留資格(ビザ)を更新できますか?

海外で在留資格(ビザ)を更新できますか?


現に有する在留資格(ビザ)の活動を継続しようとする外国人が、在留資格(ビザ)を更新しようとする場合、申請先は住居地を管轄する地方入国管理官署になります。したがって、第三国において申請及び発給はできません。

例えば、日本人の配偶者ビザを更新したい時、夫が韓国人で妻が日本人で、韓国人の夫の日本人の配偶者ビザを更新する場合、手続きは韓国で行うことはできません。日本国内の住所を管轄する地方入国管理局で手続きをすることになります。
   
申請先は、住居地を管轄する地方入国管理官署になりますが、地方入国管理局の支所、出張所では更新手続きをしていない所もあるので注意して下さい。

更新手続きは、在留期間の満了する日以前のおおむね3ヶ月前から、住居地を管轄する地方入国管理官署ですることができます。(オーバーステイにならないように、期間に余裕を持って更新手続きをするようにして下さい。)

更新期限を過ぎると、在留資格(ビザ)は無効となります。(オーバーステイは不法滞在になりますので注意して下さい。)

更新することができなかった場合で、再度、同資格で来日するには、在留資格認定の取得、在外日本大使館(領事館、領事部)でのビザ取得というのが一般的な方法になります。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

海外で在留資格(ビザ)を更新できますか?