留学生や日本語学校の生徒をアルバイトで雇用することはできますか?

留学生や日本語学校の生徒をアルバイトで雇用することはできますか?


外国人留学生は、「留学ビザ」という資格で日本に在留しています。

したがって、このような留学生は、「留学」するために在留資格(ビザ)が認められているので、原則として日本国内で就労することはできません。

しかし、「留学」中の外国人であっても全く就労することが認められていないわけではありません。

「留学」とは、日本の大学またはこれに準ずる機関において教育を受ける資格です。

例外として、「資格外活動」の許可を法務大臣から受けた場合には、「留学」活動を妨げない範囲で就労することが認められています。

資格外活動許可とは、現に有する在留資格(ビザ)に該当する活動を行いつつ、その活動の遂行を阻害しない範囲内で「他の収入を伴う事業を運営する活動」または「報酬を受ける活動」を行おうとする場合に、法務大臣に対して資格外活動許可申請を行い、現に有している在留資格(ビザ)に属さない収入を伴う活動を認めてもらうことをいいます。

資格外活動許可を受けている場合、「資格外活動許可書」が交付されアルバイトを行うことができます。

資格外活動許可を受けても下記のような就労制限があります。

  • 業種による就業制限
    風俗営業等に関わる仕事には従事することはできません。
  • 就労時間に関する制限
    大学生の場合は、週28時間以内、夏休み等の長期休暇中は1日8時間以内。日本語学校の生徒の場合、1日4時間以内。

資格外活動許可の手続きを行わないまま、今持っている在留資格(ビザ)で認められた活動以外の活動を行った場合には、不法就労に該当してしまい、退去強制の対象となります。

また、雇用した側も、不法就労者を雇用した罪により、懲役や罰金またはその両方の刑罰を科せられる場合があります。

事業主は、下記の1.~3.の要件を満たすようにすれば、外国人留学生や日本語学校の生徒を問題なくアルバイトとして雇用することができます。

  1. 「パスポート」または「外国人登録証」で、在留資格(ビザ)及び在留期を確認する。
  2. 「資格外活動許可書」で、資格外活動許可の就労時間及び許可期限を確認する。
  3. 資格外活動許可の範囲内で就労させるようにする。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

留学生や日本語学校の生徒をアルバイトで雇用することはできますか?