再入国許可とみなし再入国許可の違いを教えて下さい。

再入国許可とみなし再入国許可の違いを教えて下さい。

再入国許可とは、法務大臣が日本に在留する外国人がその在留機関満了の日以前に日本に再入国する意図を持って日本から出国する場合は、法務省令の規程によりその外国人からの申請により再入国の許可を法務大臣が許可することです。

簡単に言うと日本に在留する外国人が一時的に日本から出国し、在留期間内に再度日本に入国しようとする場合に入国手続を簡素化するために法務大臣が出国前に事前に許可を与えることを意味します。

注意事項としては、この再入国許可を取得せずに日本から出国した場合には、原則として現在もっている在留資格は無効となり、再び入国する際には再度、在留資格を取得しなければなりませんので注意して下さい。

みなし再入国許可とは、平成24年7月から新しい在留管理制度の実施に伴い導入された制度であり、有効な旅券及び在留カードを持っている外国人が日本から出国する場合で、出国後1年以内に日本での活動を継続するために再入国する場合は、原則として法務大臣の再入国の許可を受けることを免除されるというものです。

上記の文意から、再入国許可制度の中で、一定の要件を備えた場合に、みなし再入国許可制度が適用されると解釈することができます。(再入国許可制度の中に、みなし再入国許可制度が包含されている。)

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

再入国許可とみなし再入国許可の違いを教えて下さい。