短期滞在ビザの在留期間はどのように決められますか?

短期滞在ビザの在留期間はどのように決められますか?


「短期滞在ビザ」とは、日本に短期間滞在して行う観光、保養、スポーツ、親族の訪問、見学、講習または会合への参加、業務連絡、その他これに類似する活動のための在留資格(ビザ)です。

なお、短期滞在の在留資格(ビザ)では就労活動はできません。

「短期滞在ビザ」の実用例としては、正式に入社する前に研修などのために短期間日本に滞在する場合や、外国人社員の家族や知人を日本に短期間招待する場合などがあります。

そして、その滞在可能な日数は15日、30日、90日のいずれかになります。

原則として在留期間の延長はできないことになっています。

ただし、人道上の理由、やむを得ない理由がある場合は、在留期間更新許可申請をすることにより在留期間の延長が許可されることがあります。

滞在可能日数は、「招聘理由書」や「滞在予定表」を基に個別で上記の3種類の内のいずれかの日数に決められることになります。

滞在予定表には、休養日を入れることも可能です。

また、日本での訪問先や面談相手などを具体的に記載し、信憑性をもたせることも重要です。

申請は、外国人の本国にある日本大使館・領事館で行います。

許可になると日本入国となります。(入国管理局が申請先ではないので注意して下さい。)

また、許可が下りてから3ヶ月以内に日本へ入国する必要があります。

入国後は、日本の法律を遵守するようにして下さい。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

短期滞在ビザの在留期間はどのように決められますか?