外国人社員が退職すると在留資格(ビザ)もなくなりますか?

外国人社員が退職すると在留資格(ビザ)もなくなりますか?


結論から申し上げますと、「退職=在留資格(ビザ)がなくなる」というわけではありません。

例えば、「技術」「人文知識・国際業務」「技能」などの在留資格(ビザ)で日本に在留している外国人の方で、ご勤務先を退職された(退職されるご予定の)場合、引き続いて日本に在留を希望する場合は速やかに転職活動を行って就業し、在留資格(ビザ)に適合する活動を行う必要があります。

退職後、3ヶ月以上にわたって仕事をせず、転職活動等も熱心には行わずにブラブラしてしまうと在留資格(ビザ)が失効する可能性があります。

ただ、近年は日本人であっても就職活動・転職活動が長期化している傾向にありますので、転職活動をきちんと真面目に行っており、引き続いて日本での再就職を希望しているという意思を客観的に証明することができれば、退職後3ヶ月経ったからといって、すぐに在留資格(ビザ)が失効することはないでしょう。

また、病気・大怪我などのために入院等で療養して仕事をすることができない状況であっても、就業可能な状況になった時に再び仕事に復職するという場合であれば、たとえ3ヶ月以上就業していない状況であっても在留資格(ビザ)取消の対象外です。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

外国人社員が退職すると在留資格(ビザ)もなくなりますか?