自宅兼事務所で投資経営ビザを申請することは可能ですか?

自宅兼事務所で投資経営ビザを申請することは可能ですか?


事務所には独立性が要求されるので、自宅兼事務所では基本的には投資経営ビザを申請することは不可能です。

しかし、店舗や事務所が同じ敷地内にあっても、独立したスペースであれば認められることもありますが、住居が居住用の賃貸であれば、家主から事務所用ではなく、住居用で貸したことになるため契約違反であると主張されたり、看板の設置を断られたりする場合もあります。

したがって、できる限り独立性のある事務所を借りることが望ましいと思われます。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

自宅兼事務所で投資経営ビザを申請することは可能ですか?