「人文知識・国際業務」の在留資格(ビザ)を持つ外国人の方が日本の会社に勤める傍ら、別のアルバイトもするのは違法ですか?

「人文知識・国際業務」の在留資格(ビザ)を持つ外国人の方が日本の会社に勤める傍ら、別のアルバイトもするのは違法ですか?


結論から申し上げますと、「就労資格(就労ビザ)をお持ちの方がアルバイトをすることは、事実上難しいでしょう」がお答えです。

例えば、「人文知識・国際業務」や「技術」「技能」といった在留資格(ビザ)をもって活動をされている方は、許可されたご勤務先でその方が持つ専門的知識を活かして活躍することが見込まれます。その方の地位や待遇が、日本で生活するのに十分充足するものであることを入国管理局は審査し、就労の在留資格(ビザ)の許可が交付されるのです。

今のご勤務先以外でどうしても仕事をしなくてはならない特別な事情があれば、「資格外活動許可」を取得する必要があります。
しかしながら、入国管理局で資格外活動許可が出る可能性は高いとは言えません。一般的に就労資格で日本に在留する方はアルバイトや副業の必要性がない(あるいは必要が少ない)と見られるからです。

また、仮に資格外活動許可が認められたとしても、ご勤務先企業でアルバイトや副業の許可を得なくてはなりません。一般に日本の企業はアルバイト・副業を認めていないことが多いことから、事実上、アルバイトをすることは非常に困難でしょう。

こっそりアルバイトすれば大丈夫かな、と軽く考えがちなところですが、もし発見されれば次回の在留資格(ビザ)の更新申請の際に大きく影響し、場合によっては更新不許可となる可能性もあります。くれぐれも違法状態になることのないよう、どうか十分に注意して下さい。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

「人文知識・国際業務」の在留資格(ビザ)を持つ外国人の方が日本の会社に勤める傍ら、別のアルバイトもするのは違法ですか?