就労できる在留資格の種類を教えて下さい。また、在留資格には期限がありますか?

就労できる在留資格の種類を教えて下さい。また、在留資格には期限がありますか?

在留資格は全部で27種類ありますが、日本で就労し、収入を得る事が許されている在留資格は次の17種類で、「外交」、「公用」、「教授」、「芸術」、「宗教」、「報道」、「投資・経営」、「法律・会計業務」、「医療」、「研究」、「教育」、「技術」、「人文知識・国際業務」、「企業内転勤」、「興行」、「技能」、「技能実習」になります。

一般企業で、外国人を就労させる場合で、よくある就労資格としては、「技術」、「人文知識・国際業務」、「技能」などがあります。

「技術」に該当する業務としては、機械工学等の技術者、システムエンジニア、機械設計技師があり、「人文知識・国際業務」に該当する業務としては、翻訳・通訳、海外業務、デザイナー、私企業の語学教師があります。

また、「技能」に該当する業務としては、外国料理の調理師、スポーツ指導者、航空機等の操縦者、貴金属等の加工職人があります。

就労資格については、それぞれの資格に期限が設定してあります。前述の「技術」、「人文知識・国際業務」、「技能」は、5年、3年、1年の3種類です。「外交」の場合は、外交活動を行う期間になります。

「公用」は、5年、3年、1年、30日、15日の5種類です。「教授」は、5年、3年、1年、3月の4種類です。「興行」は、1年、6月、3月の3種類です。「技能実習」は、1年の1種類です。その他の在留資格はいずれも5年、3年、1年の3種類です。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

就労できる在留資格の種類を教えて下さい。また、在留資格には期限がありますか?