外国人技能実習生は投資経営ビザを得ることができますか?

外国人技能実習生は投資経営ビザを得ることができますか?


外国人技能実習生受け入れの制度は、日本で修得した技術・技能・知識を母国に持ち帰ってもらい、母国で活かしてもらおうとする意図で作られた制度であり、諸外国の産業発展に寄与する人づくりを通じて国際貢献をすることを目的としています。

平成22年7月以降の入国からは、公的機関以外の会社での実務作業を伴う研修は、新しく創設された「技能実習ビザ」が適用され技能実習生として日本で活動することができるようになりました。

この制度の趣旨は、日本で修得した技術・技能・知識を母国に持ち帰ってもらい、母国で活かしてもらおうとするものであるので、日本で起業して投資経営ビザを申請し、引き続き日本に住む場合、本来の趣旨とは異なってしまうので、現行制度では、原則として、技能実習ビザから投資経営ビザ(他のビザも含む)への変更は認められていません。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

外国人技能実習生は投資経営ビザを得ることができますか?