短期滞在で日本に来て就職活動をして日本の企業に就職が決まった場合、ビザの変更は可能ですか?

短期滞在で日本に来て就職活動をして日本の企業に就職が決まった場合、ビザの変更は可能ですか?


短期滞在ビザで日本に在留中に就職活動をして就職先が決まったら、入国管理局に在留資格認定証明書の交付申請をします。

短期滞在ビザの場合、病気の治療などといった、特別の事情のあるときは短期滞在ビザの更新が許可される可能性がありますが、原則としては、短期滞在のビザを更新することは認められません。

また、更新が認められるのは、通常は1回に限られています。

短期滞在の在留期限内に在留資格認定証明書が交付されると、それを添付することを条件に短期滞在から就労ビザへ変更が可能です。

短期滞在ビザの在留期限内に在留資格認定証明書が交付されない場合は、日本にとどまって採用または不採用の結果を待つことはできないので、在留期限までに必ず本国へ帰国してから採用または不採用の結果を待つことになります。

在留期限内に在留資格認定証明書が交付されない場合は、在留資格認定証明書が無事本国へ届いたら、本国にある日本大使館・総領事館で査証を申請して再び日本へ上陸、その後に就職という流れになります。

なお、短期滞在ビザから在留資格認定証明書交付申請をせずに、直接、就労ビザへの変更申請をすることは原則としてできないので注意して下さい。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

短期滞在で日本に来て就職活動をして日本の企業に就職が決まった場合、ビザの変更は可能ですか?