短期滞在で来日中の外国人を採用するにはどうすればいいですか?

短期滞在で来日中の外国人を採用するにはどうすればいいですか?


原則としては、申請人さまには一度ご帰国頂き、就労ビザをご取得の上、改めて日本にお越し頂くようになります。

今申請人さまがお持ちの「短期滞在」という在留資格(ビザ)は、在留期間が90日以内で観光・親族訪問・知人訪問・商用での来日で報酬を得る活動を行わないという内容です。そのため、この「短期滞在」ビザから報酬を得る目的の活動を行う予定の就労ビザへの切り替えはできないのです。

ご面倒ですが、ご採用予定の申請人さまについての「在留資格認定証明書交付申請」を行い、認定証明書が交付されたら外国にいらっしゃる申請人さまへお送り頂き、在外公館の領事部にて査証手続きを行った上で、改めて就労ビザをもって日本へお越し頂きます。

ただし、例外的に「短期滞在」にて在留中に入管に在留資格認定証明書交付申請を行い、まだご帰国前に認定証明書が交付される場合もあります。

この場合は、認定証明書を持参の上、「短期滞在」ビザから就労ビザへの「在留資格変更許可申請」を行うことによって、就労ビザへの切り替えが可能なこともあります。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

短期滞在で来日中の外国人を採用するにはどうすればいいですか?