就労ビザ(人文知識・国際ビザ)と家族滞在ビザを同時に申請できますか?

就労ビザ(人文知識・国際ビザ)と家族滞在ビザを同時に申請できますか?


就労ビザ(人文知識・国際ビザ)と家族滞在ビザを同時に申請できます。

海外から外国人社員を採用する場合、その外国人(主人)の就労ビザと、その奥さんの家族滞在ビザを同時に申請できます。

そして、同時に申請した場合、同時に許可になるケースがほとんどなので、許可をもらえればその外国人(主人)とその奥さんとは離れ離れになることなく、一緒に来日することが可能です。

同じように、その外国人(主人)とその奥さんとの間に子がいる場合も、同時に申請すると許可も同時にもらえるケースが多いので、同時に申請する方が良いと思われます。

     

    人文知識ビザ等申請で在留資格認定証明書が不交付となると、当然ながら家族滞在ビザもとれません。(家族滞在ビザは、その外国人〔主人〕の在留資格(ビザ)の取得が前提条件になっています。)

    また、家族滞在ビザで行える活動は、配偶者又は子としての日常的な活動に限られます。よって、基本的には就労活動を行うことはできません。

    アルバイト等、一時的に就労することを希望される場合には、資格外活動許可を受ける必要があります。

    資格外活動許可とは、現に有する在留資格(ビザ)に該当する活動を行いつつ、その活動の遂行を阻害しない範囲内で「他の収入を伴う事業を運営する活動」又は「報酬を受ける活動」を行おうとする場合に、法務大臣に対して資格外活動許可申請を行い、現に有している在留資格(ビザ)に属さない収入を伴う活動を認めてもらうことをいいます。

例)留学ビザをもっている大学生が学費やその他の必要経費を補う目的でアルバイトをする場合

家族滞在ビザで在留する外国人についても、1週間に28時間以内の資格外活動を行うことのできる資格外活動許可を受けることができます。

資格外活動許可の手続きを行わないまま、今持っている在留資格(ビザ)で認められた活動以外の活動を行った場合には、不法就労に該当してしまい、退去強制の対象となります。

また、雇用した側も、不法就労者を雇用した罪により、懲役や罰金またはその両方の刑罰を科せられる場合があります。

     

    家族滞在ビザが認められるのは、配偶者または子に限られます。

    したがって、親や兄弟は一定の在留資格(ビザ)を有して日本に在留している外国人の方の扶養を受けていても、家族滞在ビザを受けることはできません。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

就労ビザ(人文知識・国際ビザ)と家族滞在ビザを同時に申請できますか?