「留学ビザ」のままで就労することはできますか?

「留学ビザ」のままで就労することはできますか?


在留資格(ビザ)の「留学」は、就労の認められない在留資格(ビザ)です。

しかし、留学生が学資その他の必要経費を補うために就労を希望するときには、事前に資格外活動の許可を受ければ制限付きですが、就労することが認められます。

したがって、臨時的ですが報酬を受ける活動を行うことができます。

この資格外活動の許可は、申請により許可を受けた者にのみ認められる制度であり、申告書類としては、「資格外活動許可申請書」「履修登録表のコピー」「在留カード」が必要です。

申請して許可されると「資格外活動許可書」が交付されます。

この許可を取得してもあくまで就労活動は臨時的に行うこととされているので、「留学生」の就労時間は、1週間に28時間以内で、夏期・冬期・春季の長期休暇期間には1日8時間以内という制限があります。

更に、従事する活動にも制限があり、風俗営業等の業務に就くことはできません。

この許可を受けずに就労した場合や、許可された範囲を超えた就労をすると処罰の対象となり、懲役、禁固または罰金刑に処せられた上、日本から強制退去となる場合もあります。

また、学則により懲戒処分を受けることになるので、十分に注意して下さい。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

「留学ビザ」のままで就労することはできますか?