短期ビザでロシア人フィアンセに片道航空券だけを買って来てもらう事は可能ですか?

※Yahoo知恵袋で掲載されている在留資格に関する質問について入国管理局取次行政書士の上原尚子が解説・ご回答させていただいております。

短期ビザでロシア人を呼ぶ場合について聞きたいです。

短期ビザ申請でロシア人女性を呼びたいのですが、呼んだ後、結婚を考えています。

1、その場合には、片道の航空券だけを買って、来てもらう事は可能ですか?

2、もしくは、往復分のチケットを買わないと、入国管理局は短期ビザを許可してくれないのですか?

3、滞在予定表の記載には帰る日までを書く訳ですよね?

4、という事は、帰りの航空券の確認ができない場合、入国管理局は許可しないのですか?

往復分買って、使わなかった場合、帰りの航空券が無駄になってしまいます。(確か、キャンセルしてもお金は戻ってこない。)

どなたか、よい知恵はありますでしょうか?

よろしくお願いします。


「短期滞在」ビザでロシア人フィアンセを呼び、結婚なさりたいとのことでしたね。

1.の片道航空券の可否ですが、「否」とご認識頂いた方が良さそうです。

2.「短期滞在」のビザは在ロシアの日本大使館(総領事館)で取得します。このとき航空券は不要ですが、ご存じの通り滞在予定表などを事細かに記入して提出する必要があります。

この際、「○月○日に○○空港から○○航空(航空会社名)○○便で帰国」と記入することを要します。短期滞在ビザは期間満了したら帰国する、ということが大前提ですので、「滞在予定どおり帰国します」ということを在ロシアの大使館(総領事館)でも日本入国時の入国審査官にもアピールする必要があります。

3.の滞在予定表ですが、あなた様の仰るとおり、帰国日まで日程を事細かに記載します。「日本に来て、このまま結婚して日本に引き続きいる予定です」という内容のことをお話なさるのは短期滞在ビザの不許可を招きます。あくまでも、ビザ期間満了までに帰国するということを前提にする必要があるでしょう。

4.復路航空券は予め持っておいた方が安心です。
日本にロシア人フィアンセが入国し、日本で結婚の手続きを行い、その後すぐに入国管理局に対して配偶者ビザ(正式には「日本人の配偶者等」という在留資格(ビザ)になります)に必要な書類を整えて申請しても、すぐに許可されるとは限りません。入国管理局の標準処理期間(申請してから許可の交付・不交付の結果がでるまでのおおよその期間)は1ヶ月~3ヶ月といわれています。短期滞在ビザの期間が最大で90日であることを考えると、もし仮に入国管理局の審査が通り、許可交付が間に合ったとしてもギリギリです。その後、引き続いて日本に滞在するための手続きが完了する前に短期滞在ビザ満了となって、一旦帰国せざるを得ない可能性が相当ありそうです。

まずはしっかりと来日準備をし、フィアンセの方に日本へ安全確実に来て頂く方が、後のフィアンセの方の配偶者ビザの早期取得に繋がると考えます。

ご参考の一つとなりましたら幸いです。

どうぞフィアンセの方と末永くお幸せに!

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。

ビザパートナー概要

 行政書士:大谷 寛

 所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町1丁目5番15号
 BUREX平河町601

 専用電話番号:050-5309-1463

 Eメール:info @ work-visa.jp

 営業時間:メールは24時間受付中、土日祝日休


外国人の皆様の就労ビザ、在留資格の申請ならビザパートナーにお任せ下さい!


サブコンテンツ

短期ビザでロシア人フィアンセに片道航空券だけを買って来てもらう事は可能ですか?