就労資格証明書交付申請

就労資格証明書交付申請とは、就労することができる在留資格(ビザ)をもっている外国人の方のご希望によって、就労することが可能であることの証明書の交付を受けるための申請です。

よく転職の際にこの証明書を申請します。

就労が可能かどうかはパスポートに押印している証印シールや在留カード、資格外活動許可書で確認することができますが、その外国人の方が、具体的にどのような就労活動を行うことができるかを法律上の在留資格に対応する活動について確認する必要があります。

転職先の企業(雇用主)が誤って在留資格に適合しない外国人を雇い入れることがないように、また就職しようとする外国人の方が、この証明書を持ち、提出することによって適法に就労することができる在留資格(ビザ)を保有していることを証明できるようにしています。

なお、転職時に就職予定の外国人の方が就労資格証明書の提出がなくても、すべて就労が当てはまらない、というわけではありません。

前述のように、就労資格証明書は特に転職のときに役立ちます。この証明書を取得しておくとご転職先での就労資格についても心配することなく次回のビザ更新時にも、単純な更新申請手続がスムーズに行われます(転職なしの取り扱いとなります)ので更新時もとても安心です。

就労資格証明書交付申請に該当するものの例

  • 正規社員の転職の際
  • アルバイト先の転職の際

就労資格証明書交付申請に必要な書類はこちらから確認してください。
就労資格証明書交付申請の料金・費用はこちらから確認してください。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

就労資格証明書交付申請