投資経営ビザの認定・更新

投資経営ビザとは?

在留資格のうち、「投資・経営」とは、このような職務に就く方のためのビザです。

  • 日本で事業の経営を開始して、その事業を経営する者
  • 上に該当する外国人(または外国法人)が経営する事業の管理を行う者
  • 日本で事業に投資してその事業を経営する者
  • 上に該当する外国人が経営する事業の管理に従事するする者
  • 日本で事業の経営を開始した外国人に代わってその事業を経営する者
  • 上に該当する外国人が経営する事業または日本で事業の経営を開始した外国人に代わって日本人が経営する事業の管理に従事する者
  • 日本の事業に投資している外国人に代わって、その事業を経営する者
  • 上に該当する外国人が経営する事業または日本の事業に投資している外国人に代わって日本人が経営する事業の管理に従事する者

具体的には、日本で自分で会社を設立したい外国人の方や、取締役、部長、支店長、工場長等の事業の経営・管理に関する業務を行う外国人の方がこの在留資格に該当します。

従業員を複数名雇用したり、会社を設立した上で申請するため、失敗(不許可)に対するリスクが非常に高い在留資格です。

事業の内容については、日本で適法に行われている事業であれば職種に特段の制限はありません。

しかしながら申請手続や書類作成は他の就労資格よりも複雑で、数ある在留資格の中で最も難易度が高いといわれています。きちんとした申請準備と手続きが不可欠で、これを怠ると審査期間にも非常に時間を要する上、許可が下りない場合があります。

審査のポイントは「会社事業が合法・適切であること」「事業の安定性・継続性」であり他の就労資格と比べて厳しい要件となっています。このポイントについて細かく丁寧に立証していく必要があります。

投資経営ビザを申請する際の必要な要件・条件はこちらから確認してください。
投資経営ビザの在留資格に関する申請の料金・費用はこちらから確認してください。
投資・経営ビザ認定時に必要な書類はこちらから確認してください。
投資・経営ビザ更新時に必要な書類はこちらから確認してください。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

投資経営ビザの認定・更新