技能ビザの認定・変更・更新

技能ビザとは?

「技能」とは、「熟練した技能を要する」業務に従事する方、あるいは「産業上の特殊な分野に属する、熟練した技能を要する」業務に従事する方のための在留資格です。

「技能」に該当する具体的な職業についてはターゲットが絞られており、その多くは調理師(コックさん)が多いようです。

調理師は、単にコックさんというだけでは足りず、ご出身国独自の料理の調理師であり資格が必要です。

または実務経験が10年以上(外国の教育機関において、その料理の調理・製造についての科目を専攻し習得した期間も含みます)を有して、その技能を習得していることが必要です。

日本においても同様のご出身国の専門料理を提供する店舗での勤務であり、習得した調理技術と店舗で提供するメニューが確かに合致しているか否かも非常に重要で、在留資格の申請を行う際には店舗メニューも大切な立証資料の1つとなります。

技能ビザに該当する職業

在留資格のうち、「技能」とは、このような職務に就く方のためのビザです。

  • 外国料理の調理師(コック、シェフ、パティシエなど)
  • ソムリエ
  • スポーツトレーナー
  • 航空機のパイロット
  • 動物の調教師
  • 宝石などの加工技師
  • 外国に特有の建築・土木の技師
  • 外国に特有の製品の製造者

技能ビザを申請する際の必要な要件・条件はこちらから確認してください。
技能ビザの在留資格に関する申請の料金・費用はこちらから確認してください。
技能ビザ認定時に必要な書類はこちらから確認してください。
技能ビザ変更時に必要な書類はこちらから確認してください。
技能ビザ更新(転職あり)時に必要な書類はこちらから確認してください。
技能ビザ更新(転職なし)時に必要な書類はこちらから確認してください。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

技能ビザの認定・変更・更新