人文知識・国際業務ビザを申請する際に必要な要件・条件

「人文知識・国際業務」は、大きく「人文知識」業務と「国際業務」の2つに分かれます。

「人文知識」に関する業務について

  1. 次のaまたはbのいずれかを満たす必要があります。
  2. a.業務に必要な知識に関係する科目を専攻し履修して、大学等を卒業していること。
    大学等には、大学院・四年制大学のほか、短期大学、高等専門学校、専修学校の専門課程などが含まれます。
    ただし、専攻科目が業務に密接に関係していることがとても重要です。
    b.大学と同等以上の教育を受け、または従事しようとする業務について10年以上の実務経験を有しており、当該知識を習得していること。

  3. 日本人と同等以上の報酬を受けること。
  4. 一般に月収25万円、あるいは年収300万円がひとつの目安と考えられています。

「国際業務」について

  1. 従事しようとする業務について3年以上の実務経験を有しており、当該知識を習得していること。
  2. ただし、大学を卒業した方が通訳・翻訳業務、または語学指導に従事する場合に限り、実務経験は不問とされています。

  3. 通訳、翻訳、服飾または室内装飾のデザインなどの業務に従事すること。
  4. 日本人と同等以上の報酬を受けること。
  5. 一般に月収25万円、あるいは年収300万円がひとつの目安と考えられています。

人文知識・国際業務ビザの在留資格に関する申請の料金・費用はこちらから確認してください。
人文知識・国際業務ビザ認定時に必要な書類はこちらから確認してください。
人文知識・国際業務ビザ変更時に必要な書類はこちらから確認してください。
人文知識・国際業務ビザ更新(転職あり)時に必要な書類はこちらから確認してください。
人文知識・国際業務ビザ更新(転職無し)時に必要な書類はこちらから確認してください。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

人文知識・国際業務ビザを申請する際に必要な要件・条件