3ヶ月や半年契約のアルバイトや契約社員では、1年の在留資格は認められないのでしょうか?

※Yahoo知恵袋で掲載されている在留資格に関する質問について入国管理局取次行政書士の上原尚子が解説・ご回答させていただいております。

今回、会社で外国人の在留資格認定の手続きをしようかと検討しています。

3ヶ月や半年契約のアルバイトや契約社員では1年の在留資格は
やはり認められないのでしょうか…?

契約書面上は3ヶ月であっても、実際には契約更新し、続けて勤務してもらう予定です。

1年の契約書をつくるのなんて駄目ですよね…?そんなことをした時のリスクはどのようなことがありますか?

アルバイトでは駄目、正社員でないと認められない、などありますか?

また、雇用形態と在留資格認定についての関係について知っておくべきことがあれば、ぜひ教えてください。

すみませんが、よろしくお願いします。


契約期間の短いアルバイトや契約社員の方について、就労ビザの取得をお考えのようですね。

結論から申し上げますと「申請は難しい」でしょう。

日本の就労資格(就労ビザ)の許可される期間は1年・3年・5年の3種で、1年を下回る在留期間は設定されていません。

よって、1年を下回る契約期間の方は、就労資格を取得することは事実上不可能であると言えます。

1年以上の雇用契約がある契約社員の方について申し上げますと、その契約社員の方がもつ学歴・職歴が要件(例えば、従事しようとしている業務について専攻して大学を卒業している、或いはその業務について10年以上の実務経験がある、など)を満たしていて、貴社で従事する予定の業務にマッチしていること、更に他の日本人正社員と同等の待遇である、という場合であれば、就労の在留資格(ビザ)を取得できる可能性があります。

しかしながら、契約期間が1年を下回っていたり、アルバイトという雇用契約であったりという場合は、安定性に欠けるため就労の在留資格(ビザ)の許可を得るのは難しいでしょう。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。

ビザパートナー概要

 行政書士:大谷 寛

 所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町1丁目5番15号
 BUREX平河町601

 専用電話番号:050-5309-1463

 Eメール:info @ work-visa.jp

 営業時間:メールは24時間受付中、土日祝日休


外国人の皆様の就労ビザ、在留資格の申請ならビザパートナーにお任せ下さい!


サブコンテンツ

3ヶ月や半年契約のアルバイトや契約社員では、1年の在留資格は認められないのでしょうか?