外国人を雇用した場合も、社会保険に加入しなければならないのでしょうか?

外国人を雇用した場合も、社会保険に加入しなければならないのでしょうか?

社会保険の適用事業所で、外国人を雇用する場合には、日本人と同じ扱いを受けることになりますので、社会保険に当該外国人を加入させなければなりません。これは、雇い主の義務にあたります。

また、本人が加入を希望しない場合でも加入させなければならない点に注意して下さい。その他、日本人の雇用において、雇用形態が正社員でなく、契約社員やパート、アルバイトでも一定以上の労働時間勤務させる場合には、社会保険に加入することが義務づけされているように、この点においても外国人の場合も同様に扱うことになっています。

現実に着目すると、外国人労働者は少しでも収入を得たいという考え方からだと思いますが、社会保険への加入を望まないケースがあります。

しかし、未加入が本人の希望であったとしても、その外国人の意思、地位、性別、年齢、国籍を問わず社会保険に加入することが大前提ですので、加入させなかった場合には雇用主は、法令に違反することとなってしまいます。社会保険に加入を希望しない外国人には、雇用主は十分な説明を行い加入させなければなりません。

国が違えば意識や考え方に相違はありますが、日本は法治国家であるということを外国人に十分意識づけさせることも雇用主の責務でもあります。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。



サブコンテンツ

外国人を雇用した場合も、社会保険に加入しなければならないのでしょうか?