現在のビザは「技術」ですが、転職するにあたり現在の職種以外の会社に行きたい場合や飲食店や貿易などに転職した場合、 ビザは更新できるのでしょうか?

※Yahoo知恵袋で掲載されている在留資格に関する質問について入国管理局取次行政書士の上原尚子が解説・ご回答させていただいております。

現在、就労条件等から転職を考えている友人がいます。

現在のビザは「技術」ですが、転職するにあたり現在の職種以外の会社に行きたい場合や飲食店や貿易などに転職した場合、
ビザは更新できるのでしょうか?

やはり、現在の職種でないと更新は無理なのでしょうか?

正社員での転職をもちろん希望していますが、もし契約社員としての採用だった場合はどうなるのでしょうか?


ご友人が、異職種へのご転職をご希望されているとのことでしたね。

日本の就労ビザは、外国人の方のご学歴・ご職歴と就業予定の会社での職務が、マッチしているか否かでビザ交付の可否が決まります。

いわゆる「畑違い」の職務に就こうとするときは、その職種が外国人の方のご学歴・ご職歴から見て、専門性があるかどうかをよく検討する必要があります。

ご友人の現在のご職種はシステムエンジニアとのこと、おそらく理科系分野の専攻で学校を卒業し、実務を積んで来られた方と推測いたしております。

そうであると仮定したとき、飲食店での業務や貿易業務についてのご学歴・ご職歴があれば可能性がありますが、そうでない場合は難しいでしょう。

また、契約社員についてですが、在留資格(ビザ)が認められるためには在留活動が継続して、且つ安定して行われることが見込まれていることがとても必要です。契約社員の契約期間や労働の条件によっては、在留資格(ビザ)が取得できない可能性があるので注意が必要です。

例えば、契約社員がご友人のみで、他は皆正社員というような場合には、在留資格(ビザ)を得るのは難しいと考えます。

ご参考のひとつとして頂けましたら大変幸いです。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。

ビザパートナー概要

 行政書士:大谷 寛

 所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町1丁目5番15号
 BUREX平河町601

 専用電話番号:050-5309-1463

 Eメール:info @ work-visa.jp

 営業時間:メールは24時間受付中、土日祝日休


外国人の皆様の就労ビザ、在留資格の申請ならビザパートナーにお任せ下さい!


サブコンテンツ

現在のビザは「技術」ですが、転職するにあたり現在の職種以外の会社に行きたい場合や飲食店や貿易などに転職した場合、 ビザは更新できるのでしょうか?